最新リサーチ結果に対する元エンジニアのコメント

モバイルジャッジ改め、Yahooリサーチ等を中心とした最新世論調査やアンケート結果を元にした
元エンジニアとしての管理人の私的コメントです。

【JAPANアフィリエイト・フェスタ2011】
〜 5万円の報酬獲得者:千人誕生プロジェクト 〜
アフィリエイトで副収入を得たい人は是非アクセスしてみて下さい
>>>詳細はこちら  (11月12日23:59までの期間限定公開)
<< 観客のせき、気になる? | top page | スマホで子守、どう思う? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
国会議員の歳費2割削減を今後どうする?
JUGEMテーマ:政治

復興財源確保などのため続いていた国会議員の歳費2割削減が4月末で
切れるのを前に、日本維新の会、みんな、結いの3党が来月以降は3割削減とする
法案を共同提出
。自民党の石破幹事長は「議員報酬もずっとカットしてきたので、
新人議員では非常な財政的な窮乏も聞こえてきている」
とし、
自民党や民主党は明確な姿勢を示していませんが、「定数削減の論議は
進展していないのに削減をやめるのは増税だけを先行させる約束違反」
(沖縄タイムス)
などの声も。
今回の「歳費削減」をこれからどうするのがよいと思いますか?
Yahoo!リサーチ:実施期間:2014年4月25日〜2014年5月5日)


本日(4月30日17時)時点での調査途中結果を下記に示します。
投票総数:43,311票

1位:3割削減にする      31,008 (71.6%)
2位:2割削減を継続する     9,656 (22.3%)
3位:歳費削減を終了する    1,958 (4.5%)
4位:その他/分からない      689 (1.6%)


国会議員さんの給料、日本の場合は約2106万円で、現状の2割削減で
1685万円とのことです。(この記事参照)


ただ、国会議員さん1人当たりに掛かるコストは、日本の場合約1億円くらいに
なるそうです。このサイトに詳しく書かれています。この1億円というのは
政党交付金も含めての話で、これを除くと約7000万円です。


上のサイトには、他の国の国会議員さんの給料なども比較されていますので、
参考にしてください。


世界で比較しても、日本の国会議員さん1人当たりの経費は、かなり高い方だと
思います。


上の投票結果でも、約7割の人は3割削減が妥当との意見です。

私も詳しくは分からないですが、日本の場合はこのくらい削減しても
良いのではないかと思います。


議員さんの給料も、その人の成果に応じて支払う制度にすれば、
もっとまともな議員さんが増えるのではないでしょうか?


でも、「定数削減の論議は進展していないのに削減をやめるのは増税だけを
先行させる約束違反」という気持ちは、多くの人が思っている事ですね。





コメント等ありましたら、大歓迎です。
また、応援クリックも宜しくお願いします。 → 人気ブログランキング
その他ブログを見たい人はこちら → 日本ブログ村







関連記事

歳費3割削減を共同提案=維み結(時事通信より)
議員歳費 民主主義のコストで議論を 石破氏
社説[国会議員歳費]削減やめる前提がない(沖縄タイムスより)
【高すぎる?】国会議員の給料(歳費)を各国で比較


 
| comments(2) | trackbacks(0) | 政治 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |
コメントありがとうございます。
そうですね、日本の場合、国民の反対運動とかが国会にしっかり反映されるような社会にはなっていないですね。

今更、この国の仕組みを上から変えるのは難しいので、変えて行くためには地域から変えて行き国のトップの力を弱くしていくしかないと思います。
| エフユー | 2014/05/15 7:27 PM |

議員の政治活動にはお金がかかるという話は私も聞いたことがあります。実際の議員たちの『困窮』というものが、私たち一般の人々のものと比べてどの程度かもわかりませんが、それにしても約束を破るという行為には賛同しかねます。
なので私も、歳費三割削減には賛成です。大多数の国民が増税を強いられる中、少数の議員が何の負荷も負わないことは望ましいでしょうか。

国民がしっかり反論すべきであることはもちろんです。ただしかし、これは私個人の感じ方かもしれませんが、例えば国民が反対運動などを起こしたとして、それが政治に反映されるようには到底思えません。彼らにとってデモとは議会の外のことであり、デモが彼らに与える影響はあまり大きくないように感じます。

| Machikan | 2014/05/14 12:09 AM |










http://mjudgecomment.jugem.jp/trackback/1895