最新リサーチ結果に対する元エンジニアのコメント

モバイルジャッジ改め、Yahooリサーチ等を中心とした最新世論調査やアンケート結果を元にした
元エンジニアとしての管理人の私的コメントです。

【JAPANアフィリエイト・フェスタ2011】
〜 5万円の報酬獲得者:千人誕生プロジェクト 〜
アフィリエイトで副収入を得たい人は是非アクセスしてみて下さい
>>>詳細はこちら  (11月12日23:59までの期間限定公開)
<< 改憲の発議要件を定めた憲法96条について | top page | 民主党「公開大反省会」て、意味あると思う? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
自治体の結婚支援、有効だと思うのは?
JUGEMテーマ:合コン、婚活


 若者の定住促進などを目的に、多くの自治体が結婚支援をしています
中には、民間の結婚相手紹介サービスの入会費用を全額負担する市も。
以下のうち、あなたが最も有効だと思う結婚支援策は?
(Yahoo!リサーチ:2013年5月6日〜2013年5月16日)


本日(5月8日17時)時点での調査途中結果を下記に示します。
投票総数:8,832票

1位:若年層夫婦への家賃補助        3,315 (37.5%)
2位:出会いイベント開催             2,720 (30.8%)
3位:結婚祝い金支給              1,035 (11.7%)
4位:結婚相談員による紹介            875 (9.9%)
5位:結婚仲介サービスの費用負担       608 (6.9%)
6位:結婚の仲介者や仲人に報奨金支給    279 (3.2%)


この結果を見ると、やはり経済的な支援が最も有効だと言う意見ですね。

まあ、最もな結果だと思います。


でも、出会いイベントに対しても、ケッコウ強い支持がありますね。
経済的支援の次に位置しています。


自治体としては、若い人を地方に呼び込む為の施策として
いろいろな結婚イベントを開催しているわけです。

この記事にある様な、各自治体での結婚イベント開催や、
出会いへの支援と言うのは、方向性は間違っていません。


各自治体で競争しても、大いにいろいろなイベントを開催する事を
望みます。
イベントを開催して、同時にその自治体に済む経済的なメリットを
若者に提示すれば、非常に有効だと思います。


しかし、昔のお見合いとか、仲人的な人が居なくなって、
シャイな若者は、更に出会いのチャンスがなくなってきて、
少子化になかなか歯止めがかからないですね。

少子化対策としては、この辺の対策も必要ですね。

 

コメント等ありましたら、大歓迎です。
また、応援クリックも宜しくお願いします。 →   人気ブログランキング
その他ブログを見たい人はこちら      →   日本ブログ村

 



関連記事

地方自治体の婚活支援に見る日本の婚活状況の実態/その2


| comments(0) | trackbacks(1) | 社会 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://mjudgecomment.jugem.jp/trackback/1626
少子化に歯止めをかけるべく 「独身税」 導入の提案がされる・・・・・
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/05/08(水) 16:59:41.00 ID:EZ5y9RKm0● ?BRZ(10001)http://shunkan-news.com/archives/6405総務省の推計によると、先月の1日現在、日本の子ども(15...
| 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版 | 2013/05/08 9:01 PM |